漢方情報

精力剤

/images/tel.gif
現在の位置: ホーム > 漢方情報 > 曲美の立項の背景
曲美の立項の背景
Feel漢方 / 2008-07-24
[] [] []
曲美の立項の背景 肥満はますます厳重な社会医学問題になってきます:全世界の肥満患者は5年ごとに一倍を増やす勢いで、全世界の肥満患者は少なくとも2-5億人もいます。肥満傾向のある人は約10億人がいます(BMI>23);肥満傾向/肥満に伴う心臓、血管、栄養代謝など方面の厳重な疾患を発生するために、肥満をAIDS、麻薬乱用、アルコール依存症といっしょに世界四大社会医学問題と見られています。肥満が医学界に公認された『死亡五重奏』の高血、高血脂、糖尿病、冠状動脈心臓病、脳卒中の発症の危険因子となることが明らかにされている。ですから、世界衛生組織(WHO)は肥満を疾患の一つと認定した同時に『肥満症は全世界にとっては最も緊迫した問題だ』と全世界に宣告しました。
 肥満問題がますます厳重になる事実の前に、有効、安全なダイエット薬品の開発はますます困難な状態になっているという原因は、早期に開発したダイエット薬品は有効性を解決したですが、依存性、くせになること、心臓損害などの問題に困られている。フェンフラミンはかつて米国にて食欲抑制剤として使用され1997年心臓への副作用発現にて販売中止となった上にEUCPMP(ヨ-ロッパ薬品専売委員会)は更に13種の同類製品を販売禁止させました。この結果で、基本的に世界中に公認されている有効、安全なやせ薬はほとんどありませんでした。一方では、FDAがやせ薬に対するの瑞ソ、審査を強化した影響で、世界各大手製薬会社はやせ薬の市場利益を狙って、巨資を投じてやせ薬の研究と開発を行いましたが、FDAはやせ薬の安全性に非常に厳しい要求があるので難航でした。この三諸N以来、FDAがたくさんのやせ薬を禁止させた同時にあらゆるやせ薬の発売を許可しませんでした。
 多数の多国籍製薬会社がやせ薬に投資失敗した状況で、あるドイツ製薬会社は10億ドルの巨資も投じて開発した曲美(Sibutramine)は圧倒的な優越性を浮オた:曲美(Sibutramine)のダイエット作用の原理が進んでいて、余計な脂肪を摂取することを有効に控制する同時に、体内の脂肪分解を高める性質がありながらネルギーの消耗を大幅に増えます。曲美(Sibutramine)は目前、肥満の発病原因(エネルギーの摂取>エネルギーの消耗)に対して作用を発揮させる唯一なやせ薬である。米国、ドイツを含めて、欧米6ヵ国の6000例の患者が同製品の有効性と安全性の試験を経て,曲美はFDAが三諸N以来初めての販売許可を獲得しました。新発売の半年に同ドイツ多国籍製薬会社に2億ドルの売り上げをもたらした。曲美はやせ薬として明らかな治療効果と信頼できる安全性があるゆえ、欧米の消費者に優先に選ばれています。
  太極集団有限公司と重慶医薬工業研究院が誠に協力して、厳格にSDA(中国国家薬品監督管理局)の規定を基づいて、三年間の研究を経て、多種の特許を獲得した上で、2000年6月に曲美の生産、経営権を獲得しまして、SDAが初めて許可された『準字号』の(国薬準字[X20000364])やせ薬になりました。2000年9月に、太極集団は中国の全国範囲に15万人の肥満患者に無料試用キャンペンを実施しました。イヵ月後の『曲美を試用した効果アンケート』により、85%の消費者が『効果が顕著で、安全です』と好評されました。効果が顕著ではないほかの15%の消費者も服薬指導を受けました。 
 曲美の発売は肥満患者が理性的にやせ薬を選択することに推進作用を果たすようになりました。

関連商品
人気キーワード
ヘルプページ | 会社概要 | お買い物方法 | お支払/送料 | 配送方法 | EMS的追迹 | サイトマップ
© 2005-2017 Feel漢方 版権所有、そして、すべての権利を保留する。