漢方情報

精力剤

/images/tel.gif
現在の位置: ホーム > 漢方情報 > 曲美のご説明
曲美のご説明
Feel漢方 / 2008-07-24
[] [] []
曲美のご説明最初の量が一日に一回を服用、毎回に10mgをお勧めいたします、朝に単独に服用してもいいし、あるいは食べ物といっしょに飲んでもよろしいです。もし減らした体重が足りないと思われてたら、分量を4週間後に15mg/日まで調整してもよろしいです。もし患者は10mgの分量を耐えれなかったら、5mg/日にさげてもよろしい。患者の血圧と心率情況に基づいて薬の分量を調整するべき。15mg/日以上をお勧めしません。

曲美のダイエットの四つの階段:  

第一階段:準備期間服薬開始の2週間以内は準備期間になります。 
 
この段階で少部分の人が良好なダイエット効果を現し、多数の人が基礎重量の3%を減らしたと臨床の試験に楓セされました。部分的な人は口が乾く、便秘の現象に出現する。これは正常な現象で、一週間を過ぎたら、水と野菜の摂取を通して緩解、根絶します。服薬期間に《曲美ダイエット手帳》にお勧めするダイエット献立を参考したら、最もよい効果を取るでしょう。

第二階段:効果を現す期間

効果を浮キ期間は服薬後2~4週である。この段で90以上の人は違う程度でダイエット効果を現して、原体重の3~5も減らすことを臨床試験に楓セされました。  
部分的な患者はこの階段で顕著な効果を現したが(5以上)、個別な方が上記の効果になっていない原因は一般的に二種類があると考えられています:一つは患者が製品に敏感ではありませので、準備期間が長くなります。飲み続ければ、一つ治療のコスを終われば、満足する効果を出てきます;もう一つは体重が重たくて、治療できる分量まで服用していないことである。この場合は15mg/日を増加してください。このように二ヵ月を続ければ、目的を達成する。  
この階段に、ウェスト、胴囲、腰/ヒープの比率は下げる。

第三階段:効果が顕著な期間
  
効果が顕著な期間は服薬後4~8週。この階段に86(臨床試験の結果)以上の人が効果は顕著で体重の5以上を減らしました,40(臨床試験の結果)的人が10%以上にもできました。  
ダイエットの効果を判断する指標は三つがあります:ウエスト、ヒップは明らかに小さくなった;肥満の合併症が明らかに改善されました;体重が減軽しました。  
この階段で、肥満に伴う高血圧患者の血の脂肪が正常になります。糖尿病の肥満患者がインシュリンに対しての敏感性が高くなりますし、脂肪肝を改善する。肥満と関係ある疾病の発病の危険因子を大いに下げます。この階段で、いびき現象が減軽、生活の品質を改善される。  

第四階段:効果を強固にする期間

この製品を第三ヵ月に(8-12週)に持続したら、減肥ダイエットの治療効果を強固にする期間だと臨床研究情況と多数の使用患者の経験から楓セされました。われわれの観察によると、使用が三ヵ月になって、98%の患者は服薬を中止しても、半年内で反発の現象がありませんでした。国外の応用情況により長期に服用することで体重の減軽を維持させるとSDAに許可されました。毎年の冬に90粒を服用することをお勧めします。   
備考:BMI(体重の指数)=体重(Kg)/身長(m)2  BMI>23太りぎみ  BMI>25肥満曲美の副作用及び他の事どんな薬でも副作用はあります。アメリカFDAとヨーロッパCPMPは薬品の副作用について厳格な規定があって、どんなお薬の説明書でも患者の健康保障を第一位に置くべきです。

曲美の副作用は口が渇く、腹部膨満感だと見られて、一週間ぐらい続けます。これらの現象を起こる時、薬を中止する必要がありません。服用時間によりだんだん消えていきます。説明書には各系統の不良反応を記入しているですが、中国国内の半年間の臨床試験に極わずか発生しました。厳重な不良反応(間質性腎臓炎、気管炎、呼吸困難等)を発生しませんでした。


次のページ: 曲美使用上のご注意
前のページ: 曲美の特性
関連商品
人気キーワード
ヘルプページ | 会社概要 | お買い物方法 | お支払/送料 | 配送方法 | EMS的追迹 | サイトマップ
© 2005-2017 Feel漢方 版権所有、そして、すべての権利を保留する。